02:35
  • 2017/04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017/06
デスクワークの特権
2008年03月24日 (月) 22:05 | 編集




何か昔より小さくなってない?
お、更新。
2007年07月30日 (月) 21:14 | 編集
気が向いたので更新。こんなんだけど許しておくれ!(笑)

週の初め!にしてはちょい疲れてる。
今日の夜寝まくって明日元気になってやろうと画策。

今週は土曜出勤あり、だそうで、、
このことに関しては無心でいようと思う(笑)
まぁその後お楽しみの飲みも控えているので気合で乗り切ります。

最近「遊び」がやっと少し分かってきた。
というのも自分でお金を稼いであっちこっち飲み会に出るようになってからのことだった。
結局は人間関係のような気がする。
趣味は遊びとはまた違うと何となく思う今日この頃です。

では早いけどオヤスミ!
お(^^)
2007年05月18日 (金) 12:37 | 編集
男鹿和雄展
【クリックすると公式HPに行きます】


東京都現代美術館
【クリックすると東京都現代美術館のHPに行きます】



宣伝ではないですが(笑)
こんなんあるそうで。
これ行ってみよ。
桜の写真。。
2007年04月24日 (火) 01:29 | 編集


五反田の桜ロード。川沿いにある。正式名称分からん。




時期的に遅いし、午後三時ってことで陽が射してないとこが多かったけどなかなか綺麗でした。












え、もうこんな時間><
2007年01月24日 (水) 01:20 | 編集
つい先日『硫黄島からの手紙』を見てきました。
正直ここまで描けているのにびっくり。米人が描いた日本人として、一つの壁を乗り越えたように思う。
でも、
2時間は短かった。語り尽くせてない感。もっと長くてもいい。
日米双方から一本ずつ、二本立てにしたのは大正解だと思う。
ていうか突き詰めていくと二本にせざるをえない。
二つの切り口による二つの空間。
二つの空間は並行して時を刻むが、意思が交じり合うことはない。
戦争というのは相互不信の究極。
そして合わせて4時間では到底語りきることができない空間の中にある空間の数々。

それでも歴史は繰り返されるんだろな。欲ってすごいな。
欲を否定することは人間の存在を否定することになるのかな?
それともある程度制限された欲同士が共存できる社会ってあるのかな?
社会体制も宗教も同じに思えてくる。何を信ずるかは人それぞれ。
社会体制や国家といった枠組みをめぐる戦争も宗教戦争と同様に不毛。
それでも回避できないときってあるよね。まぁ元をたどれば原因がその国の意思とは無関係のトコにあったりしますが。

政治学は社会的なスキルやお金にはならないけど、私が一番知りたかったことでした。知ることによって絶望・落胆することが多かったけれども、自分はどうすればよいかというときに鏡になってくれる。とはいいつつも、自分も流れの中に組み込まれているので鏡で示されたとおりには動けないことばっかしですが。ここまで学ばさせてくれる今の日本と私の周りの環境に大感謝です。

極論ですが、政治学は全ての人が学ばなければいけないと思う。政治学ってある意味人類の歴史そのもの(は言い過ぎにしても、かなりの側面に焦点を当てていると思う)なんだよね。もちろん硫黄島もその中に存在にする。そこで何が起きたかを学ぶことは政治学の一端を学ぶことになる。政治学を学ぶことで大局観を得て、世の中の動き、さらには何をしなければいけないかを深く考えることができると思う。
まぁ自分の生活は大局観なんてまるで無いんだけど(笑)



ってことでこの前トレーニング用の腰を保護するベルトと握力を助けるグローブ(私の場合どっちかっていうと冷え性対策)を買ってきました♪
焦らずに少しずつ前進!です。。
Powered by DTI blog. / Template by HOTARU.